このページを印刷する

どべ

「どべ」祭

(新庄町史 常川湜 165頁より)

 毎年四月十九日は、新川神社の大祭で、全町にわたって行なわれた。氏子は礼装で各々門戸に立って、神輿(みこし)の渡御(とぎょ)を御持し、礼拝することになっている。ところが、その渡御の際の雑沓(ざっとう:人混みのこと)を防ぐ悪魔払が、荒武者の仮面をかぶり、具足を着け、わらじをはいて、かいがいしく長刀を小脇にして先頭を進む。そのとき、見物の群衆がドッと声をあげ、口を極めて
 「どべやー、どべや、赤ねこや ふんどし被りや、ねずみ捕らすや………」
と連呼してどなりたてると、どべは、さも怒心頭に立ったように、群衆めがけて追い立てる。群衆は、なだれを打ってにげるという状熊である。その追いつ追われつする事のおもしろさに、遠近より、貰い祭などといって半日の業務を休み、かねての宿望、「どべ」とのおい合いをなし、心よい疲れに満足して帰るのが慣(ならわし)である。

新庄の人気者「どべ」

(「新川神社由緒書」参拝者向け社頭配布資料より)

 新川神社春祭りの人気者、どべ。昔から新庄の子供たちはどべをはやし立てて怒らせて、逃げ回ることを楽しみにしていました。どべも子供を見るとなぎなたを振りかざしながら驚かそうと近寄っていきます。子供が怖がって逃げても追いかけて来ますが、最後には頭を撫でてくれます。昔から小さな子供がどべに頭をなでられると「できものが出来ない、病気にならない、頭が良くなる」といわれ、春祭りにはお母さんたちは我が子を撫でて貰いたくて、どべが来るのを心待ちにしています。どべは大人から子供までみんなの人気者です。

「どべ」は「猿田彦神」という神様です。

 さて、では「どべ」とは何者でしょうか?実は古事記や日本書紀という日本の神話に登場する猿田彦神(さるたひこのかみ)という神様です。猿田彦神は天照大御神の孫である「ににぎの命」という神様がこの日本の国に天界から降りてこられるときに、道案内をした国津神(元々日本の土地にお住まいになっていた神様)です。
 神話(日本書紀)には猿田彦神の事をとても恐ろしく怪しい姿であったことが以下のように書かれています。
「鼻が長く、背が高く、口のはしが明るく光っていて目は鏡のように光り輝いて赤ほおずきに似ている。上は高天原を、下は葦原中国を明々と照らし、その光が鋭くどの神様も恐ろしくて近寄れませんでした。」
 これを元にして新庄の昔の人が考えられたのが今のどべのお面と装束です。

「どべ」は交通整理のおまわりさん

 「どべ」のお仕事は神様の道先案内人と、悪い神、邪鬼からおまもりすることです。春祭りは新川神社の神様が年に一度、新庄町の家庭訪問をされる日です。みんな元気に暮らしているかな、まじめに生きているかな?と様子を見に来られます。その神様の行かれる道を案内しながら、もしも神様の行く手をじゃまするものがあればそれを祓いよけるのがどべの仕事です。怖い顔をしていますが本当は優しい心をもった、正義の神様なのです。

「どべ」の語源

 なぜ「猿田彦神(さるたひこのかみ)」が「どべ」と言うようになったのかはわからないのですが、郷土史には「ばかもの」という意味、またある説には「どめん(土面)」が、いつのまにか短くなって「どべ」になったのではないかと言われています。今のどべの面は木の彫り物で土面ではありませんが、昔は土面だったのかもしれません。